錆びない銀

ゲームなどを歴史という観点から見たい

【FGO】土方歳三について歴史から見てみる

f:id:sabi71ag:20180708221358j:plain

 

初回から女性が続いたので次は男性サーヴァントが良いかな、と思っていた歴史から見てみるシリーズ。

ちょうど良いタイミングでFGOFate/Grand Order)の「復刻:ぐだぐだ明治維新 ライト版」が始まったので、イベントに登場している男性サーヴァントにスポットを当てます。

 

それにしてもこのタイミングで明治維新復刻とは思っていなかったので、イベント開始は結構びっくりしました! よね?

イベント自体はぐだぐだっとしているように見えて、第1部の結末からきれいに繋がっています。

 

毎回冒頭でしているネタバレ注意ですが、土方歳三の実装イベントである「ぐだぐだ明治維新」のネタバレはあります。

ただしイベント自体は特異点Fクリアが条件ですし、第1部の大きなネタバレはしないので、折り畳みません。

 

 

FGO以外でも引っ張りだこの土方歳三

 

 

土方歳三

歴史に詳しくなくても、名前は知っているという方がほとんどではないでしょうか。

 

新選組新撰組)は人気がありますし、いろいろな作品に登場します。

幕末と戦国ものは大河ドラマでも鉄板です。どちらかが好き、あるいはどちらの時代も好きという日本史ファンは、かなりの数を占めるのではないでしょうか。

 

史実には後で触れることにしますが、名前の読み方は土方(ひじかた)歳三(としぞう)。

幕末の日本に実在した人物です。

 

Fateでの初出はFGOで、☆5のバーサーカー

とはいっても元ネタは「コハエースで間違いありません。「コハエース」では沖田総司の宝具として召喚されました。

 

土方さんから話は逸れますが、沖田総司の宝具の1つが「誠の旗」。これは新撰組の隊士を召喚するという宝具で、その効果によって土方さんも召喚。

コハエース」では他にも、沖田さんが土方さんのさまざまな話をしています。

 

そもそも「コハエース」って何? という方は下の記事へどうぞ。ざっくり紹介しています。

 

 

FGOでの土方歳三

 

沖田総司の宝具「誠の旗」について触れたばかりなので、こちらからいきます。

 

FGOでは実装されていませんが、この宝具を持っているのは沖田さんだけではありません。

土方さんも持っている宝具で、効果も同じく新撰組の隊士を召喚するというもの。

ただしこの宝具、所持者によって召喚に応じる隊士や性格が変動するようで、結果は全く同じとはならないようです。

 

FGOで実装された宝具は「不滅の誠(しんせんぐみ)」というバスター単体攻撃。不滅の誠と書いて新撰組と読みます。

誠と書かれた旗といえば新撰組ですが、どうして誠の字なのかは諸説あってはっきりしていません。

 

はっきりしていないといえば新「選」組と新「撰」組。こちらは両方文献に残っているそうです。

Fateでは新「撰」組を使っているので、この記事ではそちらで通すことにします。一般的には新「選」組が多いでしょうか。

 

さて「不滅の誠」ですが、ただのバスター単体攻撃ではなく、HPが少なければ少ないほど威力が上がるという宝具です。

後述のスキルにも、HPが少ないほどクリティカル威力がアップするものがあり、瀕死で戦うほど強いという珍しいサーヴァントです。

 

スキルですが全体のバスターアップとスター発生アップをする「戦場の鬼」、弱体解除とHP回復の「仕切り直し」。

HPが少ないほどクリティカル威力がアップしスター集中、デメリットとしてHPを減らす「局中法度」という構成です。

デメリットでHPを減らすというのも徹底していますね。

 

カード構成はQ2、A1、B2。なかなか回しやすいのではないでしょうか。

187cm、75kg

これは彼だけに限りませんが、Fate的になのかサーヴァントという存在だからなのか、実際よりも高くなっています。正式な記録はありませんが、たぶん。

 

属性は秩序・悪セミラミス様も秩序・悪でしたね。

これは納得の属性です。本人も「ここが新撰組だ」と言っていますし、スキルに「局中法度」も持っていますし。そりゃ秩序だろうなあ。

隠し属性は人。史実の人物なのでこちらも納得です。

 

「復刻:ぐだぐだ明治維新 ライト版」も全てのストーリーが解禁されたので触れますが、彼は魔神柱アンドラスによって召喚されたサーヴァントです。

しかし魔神柱に取り込まれることはなく、新撰組として活動。

最後は主人公達に敗れますが、アンドラスの願いを受け取り、戦い続けることを誓います。

 

幕末に生きた土方歳三

 

いつもだったらここからは歴史や文献から解説するのですが、今回はその前にこちらを確認しておこうと思います。

土方歳三は史実の人物ですが、今に伝わっている土方歳三像は後世脚色された要素も含んでいるものです。

 

もちろんそれが悪いことだとは思っていません。小説をおもしろくするために脚色することはよくあるでしょう。

Fateのサーヴァントは伝説や伝承も含めての存在ですし。本当にこのサーヴァントシステムすごい。

 

新撰組に限った話ではありませんが、人気が出ると史実にはなかったエピソードや性格が広まって、それが史実のものだと信じられてしまう現象が起こります。

土方歳三の場合でいうと、司馬遼太郎さんの「燃えよ剣」の影響が大きいのではないでしょうか。

 

創作から広まったものなのか史実なのか、区別して書くように心掛けますが、私もいろいろな本に影響されています。

100%正しいとは断言できないので、それを踏まえてどうぞ。

 

土方歳三は幕末、つまり江戸時代末期に生きた人物です。

生没もはっきりとわかっていて1835年の5月5日。ただしこの日付は旧暦なので、現在の暦では5月31日だそう。

没したのは1869年5月11日。同じく旧暦で、現在の暦では6月20日とのこと。満年齢では34歳で亡くなっています。

 

幕末という時代がいつからいつまでというのにも諸説ありますが、大体ペリーの黒船が来航した1853年から始まり、戊辰戦争が終わる1869年まで。あるいは制度が整って西南戦争が終わる1877年ごろというのが一般的でしょうか。

西暦を見るとわかる通り、土方歳三はまさに幕末を生きたといえます。 

 

生まれたのは武蔵国、今でいう東京都日野市です。

生家は「土方歳三資料館」となっており、一般開放されています。リンクを貼っておきます。

 

歳三の生家 土方歳三資料館|東京都日野市

 

この生家は農家でしたが、豪農といえる立場だったもよう。

石田散薬という薬を作っており、土方さんも薬の行商をしていました。

ここまでびっくりするほど新撰組要素ないですね。

 

新撰組新撰組になるまで

 

実家が農家だったり薬の行商をしていたりした土方さんですが、天然理心流という武術の一派に入門します。

そこで出会ったのが、天然理心流の道場を開いていた近藤勇。後の近藤局長です。

この天然理心流の門下生には沖田さんもいます。楽しい道場生活だったのでしょう。

 

ここから事態は一変します。きっかけは浪士組の結成でした。

 

浪士組は当時の将軍、徳川家茂が京都へ行くときの警備をするため、誰でも良いから腕っぷしを募集したというもの。

身分も問われなかったため、近藤さん達はこれに参加することを決めます。1863年のことでした。

当時の京都は攘夷志士や攘夷志士くずれの人によって、治安が悪くなっていました。

 

浪士組の浪士取締役だった清河八郎が、組織を尊皇攘夷に利用しようとしたことから、決裂。

このとき清河八郎と決裂した残りの浪士組が、壬生浪士組となります。ちなみに清河八郎は江戸に戻った直後に暗殺されました。

 

宙に浮いた壬生浪士組は京都守護を任されていた会津藩に嘆願書を提出し、無事会津藩預かりの身分となります。

 

f:id:sabi71ag:20180527160058j:plain

 

写真も全て無断転載禁止です。

壬生寺境内より。

壬生浪士組は壬生村から付けられた名称ですが、壬生寺の境内も武術の練習場として使われたそうです。

 

新たに結成された壬生浪士組は大きく2つの派閥にわかれていました。

その派閥のトップが近藤さんであり、もう一人のトップが芹沢鴨です。

 

新撰組の局長が近藤であることを知っていれば、この後の流れは想像が付くでしょう。邪魔者である芹沢鴨の暗殺です。

同じころ壬生浪士組新撰組という新たな名前を与えられます。我々の知る新撰組はこうやって始まりました。

 

新撰組の鬼の副長

 

土方さんのあだ名は鬼の副長

隊規である局中法度を遵守させ、守らなかった者は容赦なく切腹させたと伝えられています。

新撰組の死因No.1は切腹だったそうなので、どれだけ容赦なかったのか容易に想像ができます。

 

こちらは歴史解説なので書いてしまいますが、この局中法度、実際にあったかは不明です。

正しく書くなら何かしらの隊規があって、それに基づいて運営されていたのは確かですが、今伝えられているような内容だったのか、局中法度という名前だったのかは不明です。

いきなり出鼻をくじいてすみません。

 

ついでにいうと新撰組といえば浅葱色のダンダラ羽織というイメージですが、こちらはそうだったことは事実なものの、そんなに使われなかったもよう。

では何を着ていたのかというと、どうやら黒ずくめの格好だったらしいです。めちゃくちゃかっこいい!!

 

新撰組の功績といえば池田屋事件が有名です。

攘夷志士のたくらみを事前に防ぎ、新撰組も多くの報奨金を得ることができました。

 

この池田屋事件、土方さんは特に活躍していません。というのも彼は他の部隊を率いて、別の場所を張っていました。

結果的に池田屋が当たりだったため、土方さんも後で池田屋の応援に駆け付けています。

 

池田屋事件では喀血したという沖田総司のエピソードの方がよく知られています。ただし発症時期が合わないことから、こちらも創作で追加されたエピソードのよう。

池田屋事件が起こったのは1864年。沖田さんの病気が重症化したのは1867年ごろとされています。

喀血までしている状態で3年間も活動するのはちょっと無理かな。

 

話を土方さんに戻しますが、新撰組の副長は当初一人ではありませんでした。

副長の内一人は芹沢鴨派だったため、彼の暗殺前に切腹させられました。

 

残りは土方さんと、同じく近藤一派だった山南敬助

山南敬助は新設された総長という地位に付きますが、これは副長よりも下の地位であり、土方さんが実権を握るためだったともいわれています。

山南敬助は脱走を試みたため、最後は局中法度により切腹させられます。

 

次に出てくるのは伊東甲子太郎池田屋事件の後に入隊した切れ者で、新撰組では参謀という地位につきました。

ここに書いたということはおわかりでしょうが、暗殺されます。近藤さんに呼び出されて酒を飲まされ、酔った状態で帰り道に斬られたもよう。

 

正直暗殺するくらいなら最初から入隊させなければ良いのではないか、と思ってしまいますがどうでしょう。

土方さんは彼の入隊を警戒していたようなので、局長と副長でもっと意見を擦り合わせておくべきなのでは。

 

幕末というは情勢が変わりまくり、同じ地域や同じ人でも、考えを改めるということは多々ありました。

なので後世の私のような人間があのときこうしていれば良かった、と言うのは愚問なのだと思います。

 

薩摩藩長州藩の勢力を削ぐため会津藩と秘密協定を結んだり、その後長州藩と接近して薩長同盟を結んだりしています。

誰も彼もが自分の立場を良くしようと立ち回っているわけで、それがうまくいったり失敗したりして、歴史がまわっていくのですね。特に幕末は目まぐるしく変化します。

 

大政奉還から土方歳三の最期まで

 

ここまで一貫して新撰組の立場は会津藩預かりだったのですが、ここで大きく変化します。

新撰組幕臣に取り立てられました。将軍に仕える武士のことです。

 

ところが同年の1867年、歴史的にも大きな節目となる大政奉還が行われてしまいます。

大政奉還とは朝廷に政権を返すことで、将軍の徳川慶喜が行いました。将軍直下の幕臣となった直後にこれです。

 

ちなみに徳川慶喜はやけになってこんなことをしたのではなく、こうすることで実権を持ち続けたいという意思がありました。

結局徳川慶喜の思惑通りとはならず、王政復古の大号令が行われます。これで正式に徳川幕府が廃止されました。

 

こうなったらもう戦うしかありません。

1868年、鳥羽・伏見の戦いから戊辰戦争がスタートしました。旧幕府軍と新政府軍の戦いです。

ところが鳥羽・伏見の戦いはすぐに終了します。そもそも戦う気のなかった大将の徳川慶喜が逃げ、新政府軍に恭順してしまったのです。

 

もちろん新撰組旧幕府軍として戦いました。怪我をしていた局長にかわり、土方さんが指揮を執っていたようです。

鳥羽・伏見は京都ですが、敗れて新撰組は江戸へ入ります。ここで近藤さんが捕われて処刑されてしまいました。

 

以降、土方さんは北へと向かうこととなります。

スキル「仕切り直し」を持っているのは、戦場を北へ北へと移動しつつ戦い続けたからでしょう。

 

最終的に土方さんが向かったのは北海道、函館。

榎本武揚や残った旧幕府軍が集まり、箱館政権を打ち立てます。土方さんは箱館政権の幹部となりました。

 

平和なときは続かず、新政府軍が箱館へ攻撃開始します。

さすがは新撰組というところか、土方さんをはじめ残った新撰組隊士は戦い続けます。銃弾が当たった土方さんはこの戦いでこの世を去りました。

 

榎本武揚達は降伏し、1869年に戊辰戦争は集結します。

 

f:id:sabi71ag:20180527160113j:plain

 

埋葬地が不明なため、土方歳三最期の地といわれている場所に石碑が建っており、厚く供養されています。

いつ来てもきれいにされており、土方さんの人気がうかがえます。

 

f:id:sabi71ag:20180527160127j:plain

 

旧幕府軍の慰霊碑である碧血碑。結構山の中です。

土方歳三の埋葬地候補の1つでもあるので、すみずみまで見ておきましょう。

 

f:id:sabi71ag:20180527160137j:plain

 

箱館政権の要所だった五稜郭五稜郭タワー旧幕府軍関連の資料も充実しています。

こちらも土方歳三の埋葬地候補の1つといわれています。

 

五稜郭公園は桜の名所で、GWごろに桜が満開になります。北海道だから開花が遅いのです。

土方歳三コンテストという催しも行われる箱館五稜郭祭は、毎年5月中旬に開催されます。このお祭りめちゃくちゃ行ってみたい。

 

土方歳三はどんな人柄だったのか

 

鬼の副長と呼ばれていたり隊士を暗殺したり切腹させたり。

そんなことばかりを追ってきましたが、それは土方歳三の一面に過ぎません。

 

少なくとも近藤さんにはずっと付き従っており、反旗を翻すこともその気も恐らくありませんでした。

副長時代は鬼と恐れられた土方さんですが、箱館戦争時代は母のようと評されるほど穏やかだったといいます。

 

沖田総司の剣の腕がすごいという話は内外に残っており、その実力は確かだと推測されます。

沖田さんに劣るにしても、連戦を生き抜いた土方さんも相当なものだったでしょう。

晩年の洋装の写真を見てわかる通り、旧幕府軍だからといって旧来の戦い方で戦っていたわけではありません。新しく優れたものを吸収する力も持っていました。

 

そして非常にかわいそうなのですが、残された短歌や俳句が大公開されています。

土方さん、正直歌はうまくないのですよね。本人も発表するつもりなどなかっただろうに、人気が出たばかりに……!

 

生家の「土方歳三資料館」で内容を見ることができる上に、グッズまで発売されています。

触媒にいかがでしょうか。土方さんは苦い顔するかもしれない。どんまい。

 

残されている写真は、現代から見ても美形ですよね。

当時もとてもモテたようで、妓女から送られた恋文をまとめて天然理心流の同門に送り付けたことがあるそうです。

そんなに見せびらかしたかったのかと思うと微笑ましい。

FGOではカーミラさんへのセリフが笑える。

 

他のエピソードは創作由来のものが多いです。

例えば幼少期バラガキと呼ばれていたというのは、小説が元みたい。バラガキという子供への呼び方自体がフィクションのようです。

 

奉公していたときに女性と良い仲になって妊娠させたというのも、裏付けがありません。

長い間信じられていたようですが、近年否定されています。

 

ただしサーヴァントの土方さんはそんな伝承も込みの人物ですからね。

土方さん自身の記憶が確かかはわかりませんが。

 

個人的には属性に異議あり

 

秩序・悪の属性紹介後に納得の属性と書きましたが、これは秩序という面に関してです。悪についてはあえて何も書きませんでした。

というのも個人的に属性悪、納得がいかないからです。

 

もちろん悪とされる理由はよくわかっています。「新撰組の鬼の副長」の項目、自分で書きましたからね。

暗殺切腹、もちろん攘夷志士は許さない、そりゃあ悪にもなるでしょう。

しかしその一方で、それは土方さんの全てではないと叫ぶ自分がいます。

 

そこまで局中法度に厳しかったのも新撰組を守るためでしょう。新撰組というか、近藤勇を頂点とする組織のためといった方が正しいかな。

土方さんはとにかく近藤さん率いる新撰組のために動いていました。

それが隊士の暗殺や切腹でも容赦はしません。全ては新撰組のために。

 

しかしそうはいっても、山南敬助の排除は土方さんが自分のために行ったことは確かです。

局中法度にそこまで厳しくなる必要があったのかというのも。

行為自体は悪で間違いないでしょう。

 

もう1つ。FGOバーサーカーとしての土方さんです。

プロフィールに記載されてある通り、会話は可能なバーサーカーであるという土方さん。

 

彼がバーサーカーたるゆえんは、「ぐだぐだ明治維新」イベントをクリアしたマスターならよくわかっているでしょう。

プロフィールにも狂気の顕現と書かれてしまっています。

しかし自分がいる限り新撰組はあるとする、彼の狂気は悪なのでしょうか?

 

ごちゃごちゃ書きましたが、私はFGO含めさまざまな作品の土方さんが好きだから、属性が悪と言い切られるのにはもやもやを感じる、というのが結論です。

けれど悪である行為も進んでする、それが土方歳三ということですよね。

 

善では絶対にないでしょうし、それじゃあ中庸か悪かといわれると。

うん、悪ですね。間違いない。

 

FGO土方歳三の今後は

 

コハエース」出身のサーヴァントですし、「ぐだぐだ明治維新」というイベントでの実装サーヴァントですし、今後の活躍はどうでしょう……?

ぐだぐだイベントの続編が来ればたくさん活躍してくれると思うのですが。

 

季節イベントに賭けるしかないですね。水着とか。

その前に沖田さんの水着ですね。

 

初めて自分で撮影した写真が入りました。

幕末好きなのでいろいろと観光しています。日野にはいつか必ず行きたいです。

函館もまた行きたい。ただし遠いのですよ、北海道広すぎ。

 

日程に余裕がある旅行ならともかく、北海道旅行で函館、札幌、旭川をまわろうとするのはおすすめしません。函館が遠いからです。

函館←→札幌は遠いので飛行機が出ているくらいの距離です。それよりも遠い函館←→旭川は特急でも5時間半掛かります。

 

どうしても函館、札幌、旭川をまわりたいなら、函館空港へ飛んで道内を移動し、旭川空港から帰るのをおすすめします。

旭川空港は冬でも就航率が高く、飛行機が飛ばなくて北海道から出られない、なんて事態も少ないです。

 

次のイベントは何が来るのでしょうか? 楽しみにしましょう。

では、錆でした。