錆びない銀

ゲームなどを歴史という観点から見たい

FGOから入った方へFateシリーズをおすすめ【その3】

作品紹介は【その1】【その2】にて行っていますので、そちらをご参照ください。

 

 

壮大なネタバレといっても良い、登場サーヴァントの紹介です。

なお回想シーンで出てきたりする、いわゆる端役での登場は含みません。

 

Fate/stay night」など既に大多数の方に知られているパターンもあるのですが、登場サーヴァントが物語の核心を突くネタバレということも多いので、折り畳みます。

 

調べ直しながら書いてはいるのですが、あくまで個人の趣味なので、間違えている可能性もあります。

間違いは見つけ次第直しますね。

 

以下にはFateシリーズの登場サーヴァントが一覧でまとめられています

もし自分でクリアするまで見たくないという場合は引き返してください。

 

これから先はFateシリーズの登場サーヴァントバレありです。

よろしいですか?

 

 

よく知られているであろう「Fate/stay night

 

セイバー:アルトリア・ペンドラゴン、アルトリア・ペンドラゴン[オルタ]

アーチャー:エミヤ、ギルガメッシュ

ランサー:クー・フーリン

ライダー:メドゥーサ

キャスター:メディア

アサシン:佐々木小次郎ハサン・サッバーハ[呪腕のハサン]

バーサーカーヘラクレス

 

7騎での聖杯戦争と謳っておいて7騎ではないのがお約束。有名なのでご存知の方も多いだろうと思います。

 

セイバーといえばアルトリア、アーチャーといったらエミヤというように、「Fate/stay night」でのクラス名が呼び名になっているサーヴァントもいます。

作中で解説されますが、複数のクラス適性を持つサーヴァントも多いです。基本的にFGOFate/Grand Order)では原作通りのクラスで実装されます。

 

ストーリー的にはベディヴィエールが重要な役回りだったりしますが、サーヴァントとしての参加ではないので含めていません。

 

f:id:sabi71ag:20180401163000j:plain

 

どうでも良い豆知識ですがアルトリア・ペンドラゴン[オルタ]、通称セイバーオルタにはアホ毛がありません。

アルトリア顔を見分けるコツの1つがアホ毛の有無です。頭頂部を確認してみてください。

 

画像はFGOの召喚画面からアルトリア・ペンドラゴン[オルタ]。アホ毛がないのがわかります。

 

続編だから「Fate/hollow ataraxia

 

セイバー:アルトリア・ペンドラゴン、アルトリア・ペンドラゴン[オルタ]

アーチャー:エミヤ、ギルガメッシュ、子ギル

ランサー:クー・フーリン

ライダー:メドゥーサ

キャスター:メディア

アサシン:佐々木小次郎ハサン・サッバーハ[呪腕のハサン]

バーサーカーヘラクレス

アヴェンジャー:アンリマユ

 

ほぼ「Fate/stay night」と同じです。

子ギルの初登場はこちらの「Fate/hollw ataraxia」。もちろん真名はギルガメッシュですが、FGOでは区別化のためか堂々と子ギルと記載されています。

 

FGOではフレポ召喚でしか出ない、逆にレア度の非常に高いサーヴァントであるアンリマユ。マスターレベルが高くても彼を所持していないマスターさん、結構います。

第三次聖杯大戦に彼が召喚されたことで、さまざまな歯車が回っていきます。並行世界でもアヴェンジャーの召喚が1つの分岐点に。

 

こちらも有名な「Fate/Zero

 

セイバー:アルトリア・ペンドラゴン

アーチャー:ギルガメッシュ

ランサー:ディルムッド・オディナ

ライダー:イスカンダル

キャスター:ジル・ド・レェ

アサシン:ハサン・サッバーハ[百貌のハサン]

バーサーカーランスロット

 

Fate/stay night」の前日譚である「Fate/Zero」。そういう視点で見るとサーヴァントだけでも聖杯戦争の様子が何となく掴めてしまいますね。

後の作品に度々登場するウェイバーくんがイスカンダルを召喚したのも、このとき。

 

アルトリア、ギルガメッシュを除けば新登場のサーヴァントばかりです。この2騎はちゃんと理由があって両作品に登場しています。

ハサン・サッバーハはこちらでは[百貌のハサン]。

 

ほぼ同じ面子「衛宮さんちの今日のごはん」

 

セイバー:アルトリア・ペンドラゴン

アーチャー:エミヤ、ギルガメッシュ

ランサー:クー・フーリン

ライダー:メドゥーサ

キャスター:メディア

アサシン:佐々木小次郎

バーサーカーヘラクレス

 

ほぼ「Fate/stay night」の面子です。まだ連載中なので、2巻時点でのサーヴァントです。

ハサン・サッバーハ[呪腕のハサン]は登場していないですが、今後どうなるのでしょうか。

 

ところで2巻にはFGOマスターには嬉しい番外編「カルデアごはん」が収録されています。要は「衛宮さんちの今日のごはん」カルデア版です。

マシュが可愛らしいのでぜひ。

 

アニメの続きは7月から「Fate/EXTRA

 

セイバー:ネロ・クラウディウス、ガウェイン

アーチャー:無銘、ロビンフッド

ランサー:クー・フーリン、ヴラド三世

ライダー:フランシス・ドレイク

キャスター:玉藻の前、ナーサリー・ライム

アサシン:李書文

バーサーカー呂布奉先、アルクェイド・ブリュンスタッド

セイヴァー:覚者(ブッダ

 

めちゃくちゃネタバレしていますね。両儀式はサーヴァントではないですが、隠しボスとして戦うことができます。

新登場サーヴァントも多く、続編でも登場することが多いため、そういう意味でも機会があればプレイしてほしいです「Fate/EXTRA」。

 

セイヴァーというクラスが出てくるのは初です。日本語だとセイバーと区別しづらいかも。

アニメ「Fate/EXTRA Last Encore」では開始早々にセイヴァーが登場。今後どうなるのでしょうか。

 

学園ものっぽいところが良い「Fate/EXTRA CCC

 

セイバー:ネロ・クラウディウス、ガウェイン

アーチャー:無銘、ロビンフッド、エミヤ

ランサー:エリザベート=バートリー、カルナ、クー・フーリン

キャスター:玉藻の前、ナーサリー・ライム、ハンス・クリスチャン・アンデルセン

アルターエゴ:パッションリップ、メルトリリス

ムーンキャンサー:BB

ヘブンズホール:殺生院キアラ

なし:ギルガメッシュ

 

この辺りから表記が怪しくなってきました。敵として戦闘する上クラス表記があるので、殺生院キアラも入れています。アルターエゴ、ムーンキャンサーも。

Fate/EXTRA」の外伝ですが新登場サーヴァントも多め。

 

ギルガメッシュがクラスなしとなっているのは、「Fate/EXTRA CCC」ではそういうことになっているからです。

元々アーチャー適正もあったからたまたまアーチャーとして召喚されてしまっただけで、固定ではありません。

 

既存サーヴァント多数「Fate/EXTELLA

 

セイバー:ネロ・クラウディウス、ガウェイン、アルテラ、アルトリア・ペンドラゴン

アーチャー:無銘、ギルガメッシュ

ランサー:クー・フーリン、カルナ、エリザベート=バートリー

ライダー:メドゥーサ、イスカンダル

キャスター:玉藻の前、アルキメデス

アサシン:李書文

バーサーカー呂布奉先

ルーラー:ジャンヌ・ダルク

 

【その1】で書いた通り、私まだプレイできていないです。

 

月の聖杯戦争の続きでありながら、他からも既存サーヴァントが多数参加。

もちろん新登場もいます、アルキメデス。ストーリーの根幹に関わるサーヴァントらしいですね。

 

Fate/EXTELLA LINK」は今まさに登場サーヴァントが発表されている最中。もちろん新登場もいるため、どういう物語になるのかわくわくしちゃいます。

はい、その前に「Fate/EXTELLA」ですね。うん。

 

サーヴァントがいっぱい「Fate/Apocrypha

 

セイバー:ジークフリート、モードレッド

アーチャー:ケイローン、アタランテ

ランサー:ヴラド三世、カルナ

ライダー:アストルフォ、アキレウス

キャスター:アヴィケブロン、ウィリアム・シェイクスピア

アサシン:ジャック・ザ・リッパー、セミラミス

バーサーカーフランケンシュタインスパルタクス

ルーラー:ジャンヌ・ダルク天草四郎時貞

 

月の聖杯戦争系列を一気に紹介したので順番が前後しているのですが、カルナとジャンヌ・ダルクの初登場はこちら。

ヴラド三世は月の聖杯戦争とこちらでは姿が違います。そういった意味では両作品で初登場。

 

細かいことですが、モードレッ「ド」です。初期はモードレットだったらしいのですが、Fateではモードレッ「ド」が正式名称なのでお間違いなく。

 

同じく間違いやすい円卓の騎士にベ「ディ」ヴィエールがいます。ベティヴィエールではありません。全部濁点付き。

 

プロトタイプ「Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ」

 

セイバー:アーサー・ペンドラゴン[プロトタイプ]

アーチャー:アーラシュ、ギルガメッシュ[プロトタイプ]

ランサー:ブリュンヒルデ、クー・フーリン[プロトタイプ]

ライダー:オジマンディアス、ペルセウス

キャスター:ヴァン・ホーエンハイムパラケルスス

アサシン:ハサン・サッバーハ[静謐のハサン]

バーサーカー:ヘンリー・ジキル&ハイド

ビースト:第六の獣

 

こちらも非常にネタバレです。

【その2】ではさらっと流しましたが、設定が別のところで生きているというのはまさにビーストのこと。愛歌様が全能であるがゆえに人の生に退屈しているというのも。

 

蒼銀のフラグメンツとは違う「Fate/Prototype

 

セイバー:アーサー・ペンドラゴン[プロトタイプ]

アーチャー:ギルガメッシュ[プロトタイプ]

ランサー:クー・フーリン[プロトタイプ]

ライダー:ペルセウス

ビースト:第六の獣

 

前日譚である「Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ」とは参加サーヴァントが違うため、明らかにされている部分だけまとめました。

厳密にいうと奈須きのこさんの旧Fateとも相違点があるようです。

 

外伝だけどサーヴァントは違う「Fate/Labyrinth」

 

セイバー:アルトリア・ペンドラゴン

アーチャー:ロビンフッド 

キャスター:メディア

アサシン:ハサン・サッバーハ[呪腕のハサン]

バーサーカー:アステリオス

ビースト:第六の獣

 

Fate/Labyrinth」は愛歌様が別の聖杯戦争のサーヴァントと出会うストーリーなので、外伝ですが登場サーヴァントは全く違います。

ちなみにアステリオスは初登場FGOです。こちらの方が後出。

 

未確定情報「Fate/strange Fake

 

セイバー:リチャード

アーチャー:ギルガメッシュ、アルケイデス

ランサー:エルキドゥ

ライダー:ペイルライダー、ヒッポリュテ

キャスター:アレクサンドル・デュマ、フランソワ・プレラーティ

アサシン:アサシン、ハサン・サッバーハ

バーサーカージャック・ザ・リッパー

アヴェンジャー:アルケイデス

 

連載中なのでまだ確定ではないです。

原作の成田良悟さん退院されたのかどんどん仕事をされていて、お体お大事に……!

 

このジャック・ザ・リッパーはいつもの彼女とは違います。

ハサン・サッバーハがどのハサンなのかはまだ不明。

アサシンという謎の表記もありますが、これは元々の名前を捨てているというもの。

謎に包まれているクラス、ウォッチャーも開示されています。

 

主要サーヴァントのみ紹介「コハエース

 

セイバー:アルトリア・ペンドラゴン、ネロ・クラウディウス、モードレッド、沖田総司豊臣秀吉

アーチャー:織田信長

ライダー:メドゥーサ

キャスター:玉藻の前

バーサーカー坂田金時

 

大雑把にこんなところでしょうか。

ちょい役はもっとたくさんいます。細かく拾っていくのが大変なので以上で。

 

聖杯戦争している「Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚」

 

セイバー:沖田総司

アーチャー:織田信長

ランサー:李書文

ライダー:坂本龍馬

キャスター:マックスウェル

アサシン:岡田以蔵

バーサーカー森長可

?:沖田総司[オルタ]

 

この時点では沖田総司[オルタ]はアーチャーとの融合、魔神セイバーです。

ただこちら設定が変更されたようなので、表記を沖田総司[オルタ]としています。

 

もしかしたら今後FGOにてぐだぐだイベントが続く可能性もあるので、帝都聖杯奇譚のサーヴァントもまとめておきます。

 

サーヴァントを書いていない作品について

 

作品紹介をしていてサーヴァントを記載していない作品がいくつかあります。

それについて少し補足を。

 

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

こちらで登場するのはクラスカードというもので、サーヴァントではないかなと考えた末、除外しています。

 

「氷室の天地 Fate/school life」

サーヴァントが出ていないというわけではないのですが、登場人物同様、本筋ではないため除外しました。

 

「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」

こちらもサーヴァントではないなと。今後の作品によっては状況が変わってくるかもしれません。

 

「2015年の時計塔」

サーヴァントではないけれど迷いました。アルターエゴとかヘブンズホールとかビーストとかは書いているので。でもやめました。

 

「Garden of Avalon - glorious, after image」

サーヴァントではないかな。むしろ生前の姿ですよね。生前だったら円卓の騎士などアルトリア・ペンドラゴンの周囲の人々について語られます。

 

TYPE-MOONでわいわいする作品群

さすがに全ネタ拾いにいくのはちょっと無理でした。

 

FGOから入った方へ

 

確かめながら書いているので大丈夫だとは思うのですが、ミスがないとは言い切れません。間違っていたらごめんなさい、直します。

さすがにサーヴァント紹介はネタバレの宝庫でした。

 

FGOで好きになったサーヴァントがいれば、そのサーヴァントが登場している作品をプレイしてみるのもおもしろいと思います。

 

【その2】で書いた「Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ」で叫んでいた友人は、オジマンディアスにやられたらしいです。

FGOとコラボすることもあるので、気になった作品をプレイしてみるのも良いかも。

 

【その3】にて「FGOから入った方へFateシリーズをおすすめ」を終了します。長々とお付き合いくださりありがとうございました。

では、錆でした。

 

画像はスマートフォンアプリ「Fate/Grand Order」より引用。