錆びない銀

ゲームなどを歴史という観点から見たい

FGO(Fate/Grand Order)関連記事まとめ

f:id:sabi71ag:20180624201316j:plain

 

FGOFate/Grand Order)関連の記事、自分でも最初の方に戻るの大変になってきていまして。カテゴリーで良いかというとそうではなく、順番で見たいじゃないですか。

自分でそう思うということは、初めて来た方にも不親切なのではないかと思ったので、まとめます。

 

そうそう、ブログも思っていた以上の方に来ていただいています。ありがとうございます! 

かといって何かが変わるわけではなく今まで通りです。

更新速度はさすがにちょっと上げたいな。書きたいことはまだまだあるので!

 

さて、今後もよろしくお願いいたします。

 

【6/30更新】

FGOの課金について

 

 

FGOを始めようか迷っている方に

 

 

FGO2部とかいっているけど今さら新規で始められるの? という問いに、全然今からでも大丈夫ですし、他人と関わらずに自分オンリーのペースでできるゲームなので、いかがでしょうかと答えている記事。

回し者ではないので有料のガチャとか、これどうよって思ってることについても書いています。課金は本当にお気を付けて。

 

 

課金についてもう少し考えてみました。

むやみやたらと課金するのではなく、自分なりのルールを作るべきという内容です。

 

FGO初心者さんへ送るゲームの進め方

 

 

始めたとき全然ゲームのやり方がわかりませんでした。

普通ではないFGOのレベル上げについてがメイン。呼符も毎月交換しましょう。

そういえばミッション聖晶片3個になりましたね!! 修正していて嬉しかった。

 

 

誰が性能的に当たりとかそういうことではなく、好きなサーヴァントを育てよう、☆5サーヴァントはフレンドさんから借りれば良いじゃない、みたいな内容です。

初心者さんに限らず、引き継ぎナンバーは発行しておきましょう。

 

 

ガチでただの補足なので読み飛ばしても問題なし。

あ、概念礼装だけは読んでおくと、ガチャで来たとき嬉しいかもしれません。

 

 

【期間限定イベント編】は特定のイベントに限らず、イベントの進め方は大体こんな感じという説明です。

どんな形式のイベントでも、最初はイベント限定概念礼装の交換からスタート。

 

第1部クリアからFGOを振り返る

 

 

第1部をクリアしても謎の多い「特異点F 炎上汚染都市 冬木」について、第2部が始まる前に振り返ろうという記事。

書いてみると思った以上に謎でした、特異点F。そして2004年の聖杯戦争

 

FGOから入った方へFateシリーズをおすすめ

 

 

他のFateシリーズの紹介です。

特に「Fate/stay night」はスマホアプリもあって始めやすいです、というような内容。

Fate/EXTRA」をはじめとした月の聖杯戦争シリーズは、こちらで説明しています。

 

 

【その2】は他のFateシリーズを網羅しています。

Fateではない紹介もしています。「コハエース」や「Garden of Avalon - glorious, after image」など。

 

 

【その3】は登場サーヴァント紹介です。ネタバレ満載なので、避けたい方は飛ばしてください。

好きなサーヴァントが登場している作品がどれか知りたい方向け。

 

サーヴァントについて歴史から見てみる

 

 

元々このシリーズが書きたくてブログを始めたという経緯が。

その記念すべき1作目は1部と1.5部のネタバレがあり、初心者さんは読まない方が良いという仕様に。

 

 

2作目は「Fate/Apocrypha」のネタバレありという仕様に。

す、すみません。並べてみるとなんて初心者さんに優しくないブログなんだ。

 

 

第3弾は初の男性サーヴァント、土方歳三です。

土方さんというか、広く新選組新撰組)について書いている記事に仕上がりました。

 

 

男性サーヴァントが続きました。第4弾は坂本龍馬です。

上の土方歳三回で端折った幕末の話もしています。

イベント、「コハエース」のネタバレありなので大丈夫な方どうぞ。

 

アニメ「Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-」について

 

 

今わからないところをまとめておこうという感じ。

基本的に2部にめちゃくちゃ絡んでくるであろう内容のアニメだったので、今のところは誰も真実を知りません。作っている方以外は。

 

まとめ

 

今後もFGO関連記事あればこちらに追加していきます。

最新情報だけは記事上部に記載することとします。

 

では、錆でした。