錆びない銀

ゲームを歴史という観点から見たい

【FGO】ミドラーシュのキャスターについて歴史から見てみる

f:id:sabi71ag:20180829212616j:plain

 

FGOFate/Grand Order)の人物や時代を歴史的に見てみようシリーズを書きたいと思います。

 

初回は誰にしようか散々迷って、福袋で来てくれた沖田さんにしようと思っていたのですが、コハエースの沖田さんがいまいちよくわからなくてですね。

中途半端な記事になるくらいならやめておこうと思って、この方に。

 

ミドラーシュのキャスターです。

 

初のサーヴァント紹介記事なのに折り畳みです。

初心者さん向けの記事書いてるくせに、ごめんなさい! ぜひクリアしてから読んでください。

 

以下にはFGOの第1部及び1.5部「亜種特異点Ⅳ 禁忌降臨庭園 セイレム 異端なるセイレム」のネタバレがふんだんに盛り込まれています

全てをクリアしているか、もしくは未クリアでもネタバレを踏み抜きたい方のみご覧ください。

 

これから先は1部、1.5部「亜種特異点Ⅳ 禁忌降臨庭園 セイレム 異端なるセイレム」のネタバレありです。

引き返すなら今の内です。

 

 

ミドラーシュのキャスターの正体

 

 

セイレム実装勢は真名バレバレですね。どちらも宝具見れば一発です。

シバの女王も、セイレムの劇中劇で出てきたときにこれはシバの女王だなと思いましたし、一緒に戦闘してその節で真名解放でした。

 

ちなみにミドラーシュとは聖書解説とのことで、詳細はwikipediaをご覧ください。この言葉も知っていれば、なおさら真名がモロバレ。

 

ミドラーシュ - Wikipedia

 

初出はFGOで、☆4のキャスター

亜種特異点Ⅳにて近未来観測レンズ、シバが召喚したサーヴァントだということが判明しました。

 

シバレンズを作ったのがレフ・ライノールで、彼がフラウロスだということを考えると、1部と1.5部はソロモンとその仲間達の物語だなと思います。

 

「【2017大晦日Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-について感想」でも書いていますが、私は2部でもソロモンが関わってくると踏んでいます。

弟子絡んでくるみたいですし。

 

そういえば「Fate/Grand Order material IV」読みました?

ソロモンの因縁キャラの項目にギャラハッドがあって、あの内容は、2部にギャラハッドが出てくるならソロモンも来るだろうと!!

話し始めると長くなるのでこの辺で。

 

気になる方はぜひ購入してみてください。

個人的な「Fate/Grand Order material」全体の感想ですが、イラストを描く方やサーヴァントのデザインが気になっている方は、ぜひどうぞ。

1冊にぎゅっと情報がつまっていて、いろいろなサーヴァントが見られるのも嬉しいです。

 

ただし文章として見ると、1騎ずつの情報量は多くありません。

ゲームでは見られない情報を確認できるので、それはものすごいポイントですが、あっさり読み終わってしまうかも。

 

FGOでのシバの女王

 

173cm、59kgの高身長女子。

ダの人より身長が高いことから、幕間の物語「針の穴を通るより難しい」ではいろいろありました。

アビゲイルシバの女王の、ダビデに対する態度が笑えてしょうがない。

 

Fate/Grand Order material IV」で明かされたソロモンの身長とも、そんなに変わりがありません。

というかソロモンとロマニで身長違うのは、ロマニ伸びたの? それともロマニの設定はあくまでアニメ用のもので、実際は違ったのでしょうか。

 

シバの女王未来視持ちだったことで、Fate千里眼がますますよくわからなくなりました。

未来が見られるのはギルガメッシュも同じだと思うのですが。

シバの女王については、千里眼という言葉が一度も使われていません。

 

千里眼って、特に人数が明記されたことはないのですよね。

 

FGO以前ではマーリンの説明でしょうか。マーリン以外に、より上位の千里眼の持ち主がいて、国と一緒に滅びたというのがあったはず。

「Garden of Avalon - glorious, after image」だったと思います。

 

より上位の千里眼の持ち主というのが、ギルガメッシュでありソロモンです。じゃあシバの女王は?

……謎です。

 

属性は中立・善

属性と一括りにしましたが、中立というのは重んじる方針、善というのは個人的な性格のことです。

 

属性については、性格の不一致は問題ないけど、方針が違えば軋轢が生じるということくらいしか、公式から情報が提示されていません。

秩序・善や混沌・悪はわかりやすいのですが、中立・善。

 

他に中立・善のサーヴァントといえば、例えばイスカンダルやスカサハが挙げられます。

何となく感じが掴めるでしょうか。

 

王様や人の上に立つ系サーヴァントといえば、秩序・中庸が多いです。

これはわかる気がします。秩序を重んじるけれど、王様をやっていく上できれいごとではできないという。

 

シバの女王が秩序は重んじないというのが、よくわかりません。

商売っ気があるということで帳消しに??

 

亜種特異点Ⅳの中でジン、つまり魔神の娘という設定が明かされました。

これは母親がジン、父親が国の大臣という伝承をそのまま引っ張ってきたのだと思います。

 

隠し属性は人

天でも良いのではと思ったのですが、改宗して神に仕えたので元から天というわけではないのかな、と解釈してみました。

 

シバの女王、神性や女神の神格といったスキルは持っていません。

この辺りFateでの魔神観がよくわかります。

 

終局特異点ではソロモンの72柱の魔神について、人間の精神活動の歪みという説明がありました。

シバの女王の母親である魔神が同じ扱いかはわかりませんが、少なくとも神の類ではないということでしょう。

 

構成はQ1、A2、B2

宝具は「三つの謎かけ(スリー・エニグマズ)」というアーツ単体攻撃。敵の防御力、攻撃力、HP回復量にデバフも掛かります。

 

スキルは王様お馴染みの「カリスマ」。

自身のクリティカルアップに無敵貫通が付けられる「精霊の目」。

全体のアーツバスターアップができてスター獲得もできる「魔神の叡智」という構成です。

 

筋力はD。決して高い数値ではないのですが、どこかの誰かさんは筋力Eでしたね。

Fateではマスターによってステータスに補正が掛かるのですが、マリスビリーが召喚したから筋力Eというわけではなさそう。ソロモン。

 

シバの女王を聖書から見てみる

 

シバの女王ですが、真名解放といっても俗称みたいなもの。ボイスでも触れられていますが、本名は告げられていません。

 

それは聖書内の記述にしてもそうで、ぶっちゃけ登場もごくごく短く、謎だらけの国と女王様です。

本名として伝えられている名も諸説あります。

 

Fateの英霊は、史実じゃなくても伝説・伝承となっていれば良いので、その点では心配いりません。

 

現代に住む私達ですらシバってどこ? シバの女王って何者?

と思うのですから、当然昔の人だってそう思ったわけで、そこからまた彼女の伝承が作られていきました。

 

シバの女王が出てくるのは旧約聖書の「列王記上」と「歴代志下」です。

あまりにも短いので引用します。まずシバの女王が訪ねてくる場面。

 

著作権保護期間が終了した旧翻訳版の聖書を公開してくださっている方がいるので、こちらもリンクを貼っておきます。これはありがたい。

 

 

10:1シバの女王は主の名にかかわるソロモンの名声を聞いたので、難問をもってソロモンを試みようとたずねてきた。
10:2彼女は多くの従者を連れ、香料と、たくさんの金と宝石とをらくだに負わせてエルサレムにきた。彼女はソロモンのもとにきて、その心にあることをことごとく彼に告げたが、
10:3ソロモンはそのすべての問に答えた。王が知らないで彼女に説明のできないことは一つもなかった。
10:4シバの女王はソロモンのもろもろの知恵と、ソロモンが建てた宮殿、
10:5その食卓の食物と、列座の家来たちと、その侍臣たちの伺候ぶり、彼らの服装と、彼の給仕たち、および彼が主の宮でささげる燔祭を見て、全く気を奪われてしまった。

 

口語訳聖書 - 列王紀上より引用

9:1シバの女王はソロモンの名声を聞いたので、難問をもってソロモンを試みようと、非常に多くの従者を連れ、香料と非常にたくさんの金と宝石とをらくだに負わせて、エルサレムのソロモンのもとに来て、その心にあることをことごとく彼に告げた。
9:2ソロモンは彼女のすべての問に答えた。ソロモンが知らないで彼女に説明のできないことは一つもなかった。
9:3シバの女王はソロモンの知恵と、彼が建てた家を見、
9:4またその食卓の食物と、列座の家来たちと、その侍臣たちの伺候振りと彼らの服装、および彼の給仕たちとその服装、ならびに彼が主の宮でささげる燔祭を見て、全く気を奪われてしまった。

 

口語訳聖書 - 歴代志下より引用

 

「歴代志」というのは、「列王記」などを元にして編纂されている書物なので、内容が被っています。

 

シバについてもシバの女王についても記述が少ないですが、荷をラクダに負わせて持ってきたという箇所だけは、彼女の出身について何となく触れられている部分です。

 

FGOでもラクダ飼いたがっていましたね。ただしヒトコブラクダに限る。

 

何でかなと思ったら、フタコブラクダは生息地が違うのですね。

フラコブラクダは主に中国北西部とモンゴル、ヒトコブラクダがアフリカやアラブなど。

そりゃあシバの女王が馴染み深いのは、ヒトコブラクダでしょう。

 

この後は「列王記上」と「歴代志下」共にシバの女王のセリフとなり、間を挟み、帰る場面です。

 

10:13ソロモン王はその豊かなのにしたがってシバの女王に贈り物をしたほかに、彼女の望みにまかせて、すべてその求める物を贈った。そして彼女はその家来たちと共に自分の国へ帰っていった。

 

口語訳聖書 - 列王紀上より引用

9:12ソロモン王は、シバの女王が贈った物に報いたほかに、彼女の望みにまかせて、すべてその求めるものを贈った。そして彼女はその家来たちと共に自分の国へ帰って行った。

 

口語訳聖書 - 歴代志下より引用

 

FGOのプロフでは出典に新約聖書とありますが、これは本人の活躍ではなく、改宗した人の例として挙げられているのみなので、省略します。

新約聖書では南の女王という書かれ方をしており、エルサレムの南方から来たことを表しています。

 

香炉を出すのは、香料を大量に持ってきたという逸話を引っ張ってきているのかな。

 

来て喋って帰る、というだけの記述です。

旧約聖書では、3つの問い掛けというわけでもないです。具体的な数は出てきておらず、ソロモン王は全てに答えたとだけ書かれています。

 

とにかく謎の人物です。史実でいたかもしれないしいなかったかもしれない、謎の国の謎の女王。

だからこそ人を惹き付けるのでしょうか。

彼女についてはさまざまな伝承が後から追加されていきます。

 

シバの女王が毛深いという話

 

シバの女王が毛深いという話はいくつか出てきます。

なんちゅう伝承を残してるんじゃ、とは思いますが、ケモ耳に関わることなので続けます。

 

個人的な推測ですが、最初は毛深いという話だけだったのではないでしょうか。

 

旧約聖書はいつ書かれたのかというのは、大層難しい問題です。

バビロン捕囚があって、聖書を含めた宗教の形態が整った、という感じで続けます。

 

旧約聖書には載っていない記述なので、どんどん尾ひれが付いて広まっていったのでしょう。毛深い話。

 

アラブ文化で、シバの女王はジンの娘でありその影響で毛深いということになって、整合性が取られたようです。

 

ジンというのは、要はアラジンのランプの精みたいなものです。精霊や魔神のことを指します。

例えるなら日本の妖怪のようなもので、宗教とは関係なく、アラブ地方で信じられていました。

 

なおケモ耳はイラストレーターさんの趣味のもよう。

FGOケモ耳勢は戦っているとき本当に可愛いです。ぴくぴく。

 

手足が見えないデザインなのは偶然かもしれませんが、毛深いと言われているせいかもと思うと可愛い。

伝承によりますが足が人の形ではないものもありますし、隠すためというのはあながち間違いではないのかも。

 

毛深い話が盛り込まれた伝承の内の1つに、シバの女王が来訪したとき、それを見たソロモンがからかったというものがあります。

シバの女王は無視して話を続けたらしいのですが、その伝承のソロモン、さすがにデリカシーなさすぎでは。

 

エチオピアシバの女王

 

シバの国はどこだったのか、大きくわけて2つの説があります。

FGOでもプロフィール欄に東アフリカ、アラビア半島南西部という記述があります。

 

実際少しだけ発音の違う国名はあったようです。確定ではありませんが、どちらかじゃないかと言われているみたい。

あったといわれているのはシバの国だけで、史実にシバの女王が存在していたかどうかはわかりません。

 

この内、東アフリカに該当するエチオピアには、シバの女王とソロモンの伝説が残されています。

 

旧約聖書では会って帰っただけの記述でしたが、こちらは違います。

二人の間には子供ができ、その子であるメネリク1世がエチオピアにてアクスム王国を開いた、という内容です。

 

これが真実であるかどうかはともかく、それだけ二人の知名度が高かったのでしょう。

 

ただし、これは個人的な所感になりますが、もしシバの国があったのならアラビア半島南西部だったのではないでしょうか。

書籍でもアラビア半島南西部としている方が圧倒的に多いです。

 

ちなみに東アフリカとアラビア半島南西部、両者は全く別の土地を表しているように思えますが、実はそうでもありません。

 

 

こちらからフリーの地図をダウンロードし、自分で加工を行いました。

中東方面の地図がこちらです。

 

f:id:sabi71ag:20180922131014j:plain

 

アラビア半島南西部において、シバの国伝説があるのはイエメンの中の地域。

東アフリカで伝説があるのは先述の通りエチオピア。シバと呼ばれる地域があったのはスーダンの中の地域です。

 

大雑把に塗ってみましたが、紅海を挟んで非常に近い地域であることがわかります。

近いのでもちろん交易もあったらしいです。

どちらかと絞るよりは、この辺りの地域から来た女王、と認識しておいた方が良いかもしれません。

 

Fateではソロモンとシバの女王の間に子供はいるのか

 

史実は調べようがないので、問題はこちらです。

伝説や伝承を取り入れたのが英霊という存在なら、ソロモンとシバの女王はどうなっているのでしょう。Fate的に。

 

伝承として残っているなら、二人の間には子供がいる説をとっているのでしょうか。

 

セイレムで見る限り、シバの女王はソロモンに好意的です。恋する女の子という感じですね。

現段階での個人的な意見ではありますが、この反応は子供はいなさそうかな。

 

伝承があるのはエチオピアだけですし、アラビア半島南西部のシバの女王だとすると、子供がいたという伝承は伝わっていませんし。

 

知名度的にもソロモンとシバの女王はともかく、その間にいたかもしれないという子供がFateに実装される可能性は、低いのではないでしょうか。

 

第1部でシバの女王が登場しなかった理由

 

まず前提ですが、シバの女王は聖杯に託す願いがありません。

セリフだけで真意はわかりませんが、ここはセリフをもとにして考えます。

 

ということは通常の聖杯戦争では喚ばれないことになります。

カルデアのシステムと陥った状況が特殊なので、FGOでは通常の聖杯戦争では喚び出せないサーヴァントも召喚できています。

 

しかしそれを鑑みても、第1部でシバの女王が来てもおかしくはなかったはず。

第1部の敵がソロモンと仮定されていて、ロマニは仲間にすら正体を明かしていなかったから、ソロモンと会ったことのある自分が行くのはまずいと思ったのかな。

 

他にもいっぱい実装サーヴァントがいたからという現実的な理由だな、っていうのはわかっています。うん。

 

ただ、セイレムでも自発的に来たわけではないのです。あくまでシバレンズの召喚。

ソロモンとの約束もありますし、関わりたくなかったというわけではなさそうなのに。

機を見ていたら強制的に召喚されてしまった、ということなのでしょうか??

 

ロマニのことを知っていたのだから、見ていたことは確かです。

カルデアに来れば直接ロマニと話せたのにね、とちょっと寂しい気持ちになります。会わせてあげたかったな。

 

まだ第1部クリアしていないマスターがミドキャスさん引いたら、擬似的に一緒のカルデアにいさせてあげられますね。

ダビデシバの女王もいるカルデアで指揮を取らなければならないロマニ。大変そうだ、頑張れ。

 

ヘブライ語シバの女王

 

宝具に出てくるジンの名前はそれぞれエハッド、シュタイム、シャロッシュ

これはヘブライ語で1、2、3という意味です。

 

エニグマは元は古代ギリシャだそうです。ギリシャ語からラテン語に、ラテン語からヨーロッパ言語に、と伝わっていった言葉のようです。

「スリー・エニグマズ」といってるので、これはラテン語由来で伝わった英語でしょう。英語かい。

 

言語でいうと、ダビデの「ハメシュ・アヴァニム」はヘブライ語です。

エハッド、シュタイム、シャロッシュ、アルバ、ハメッシュ(ハメシュ)と続きます。ハメシュは5ですね。

 

民族が離散しているので、ヘブライ語は一時日常的には全く使われなくなります。聖書だけの言語になりました。

それがイスラエルが建国されるにあたり、再び日常語として使用されるように。

そんな理由から、イスラエルには誰でもヘブライ語を学べる学校があります。

 

翻訳を挟むということはそのままの意味ではなくなるということで、宗教と言語は切り離せない関係があります。

 

ユダヤ教ではヘブライ語が使われ、当時のあの辺りの国際語であるギリシャ語訳もされています。

 

新約聖書ギリシャ語で書かれ、その後ラテン語を聖なる言語としていました。

ずっとラテン語オンリーだったのが、宗教改革によってようやく各国語訳されていきます。

 

ソロモンの宝具は全てラテン語です。

本人はヘブライ語を話していたはずのソロモンの宝具がラテン語なのは、すごくおもしろい。

 

ソロモンもシバの女王同様に、どんどん尾ひれがついて伝承が増えていった人物です。

FGOで取り上げている魔術王という側面は、そうやって後世に形成されたもの。

 

後世といっても、ソロモンが悪魔を使役していたという話は、随分前からあったようです。紀元前の書物にもあるらしい。

 

ソロモンが使役していたのは72柱の悪魔という、きちんと整形された伝承になっていったのは中世のころ。

レメゲトン」というソロモンの魔術について記された書物は、大体17世紀に書かれたもののようです。ちなみにラテン語

だからソロモンの宝具はラテン語なのです。

 

英霊という概念はおもしろいです。伝説や伝承がどう伝わったのかというのも、加味されているように思います。

シバの女王の宝具が英語なのはちょっとよくわからない。

 

FGOシバの女王は可愛い

 

原典の記述が少ないので、盛ろうと思えばいくらでも盛れるサーヴァントですね。

 

伝わる間に尾ひれがついて伝承が追加されていくという、一風変わった人物です。

新約聖書でも良く描かれているので、聖人勢が彼女を敬うのも当然かな。

 

千里眼やグランドサーヴァントについては、今後のFateで設定が固まっていくのではないかと思っています。

シバレンズについても、FGOの第2部でより詳しくわかるのではないでしょうか。

 

展開はもちろん、そういった意味でも今後が楽しみです! 

では、錆でした。