錆びない銀

ゲームを歴史という観点から見たい

今からでも始められるFGO(Fate/Grand Order)の魅力

f:id:sabi71ag:20180929010058j:plain

 

FGO。ネット界隈にいると、よく聞くタイトルです。ゲームということはわかるけど、詳しくは知らないという方もいるでしょう。

 

ガチャが渋いとか、爆死して数万円使ってしまったとか、マイナスなイメージを持っている方もいると思います。

マーリンピックアップのときは安室ちゃんの引退が重なり、大きな話題となりましたね。

 

 

名前は聞いたことがあるけどよくわからない、という方へ向けて。

危ないゲームなんじゃないの? と思ってる方へ向けて(すみません、ある意味では合っていますので、後述します)

やってないけれど気になっている、今さら始められるの? と思っている方へ向けて。

 

FGOユーザーの錆が解説してみようと思います。

 

 

FGOとはどんなゲームか 

 

 

FGOとは略語で、正確なタイトルはFate/Grand Orderといいます。2015年の夏に配信が開始されたスマホで遊ぶゲームです。

 

初出はエロゲである「Fate/stay night」から始まる、Fateシリーズの新しいゲーム。

Fateにはいろいろあるので、Fateシリーズとするのもナンセンスかもしれませんが、ここではFateシリーズと書かせてください。

 

FGOは中国やアメリカでも配信が始まりました。すごいなー。

 

2015年夏に配信されているので、もう古いゲームなんじゃないの? という疑問をお持ちの方。

2015年夏、最初に配信されたのは第1部の2章までです。正確に書くとプロローグのような特異点F、第一特異点、第ニ特異点の3章分が配信されました。

 

第1部は2016年12月末に終局特異点が配信され、完結。

今後は第2部がどんどん公開される予定ですので、まだまだ完結は遠いです。

 

FGOは今から始められるのか

 

私もFGOでは出遅れ組です。

ゲームを始めたのは2017年2月。メインストーリーの最終章(第1部終局特異点)が配信されたのがクリスマスごろですから、そのころには当然、第1部はクリアしている人がたくさんいました。

 

おもしろそうだから始めたいと思いましたが、今始めても付いていけるの? と当時でも結構迷いました。

 

結論からいうと、FGOはいつ始めても大丈夫です。

その理由は2つ。

他のユーザーと関わり合いがないため

メインストーリーは好きなペースで進められるためです。

 

他のユーザーと関わり合いがないFGO

 

ソシャゲではありがちなマルチプレイや、他のユーザーとの交流が、FGOにはほとんどありません。

 

唯一の交流要素が「フレンド」です。

フレンド申請を出し承認されれば、フレンドのサーヴァント(キャラクターのことです)を使うことができます。

使用したサーヴァントの主であるフレンドさんには、フレンドポイントが入ります。

 

つまり初心者でも、承認されさえすれば最初から強いサーヴァントを使うことができるのです。後から始めた人の特権ですね。

フレンドさんにもフレンドポイントが入って、得する仕組みとなっています。まさにwin-win

 

交流要素は以上です。

本当にこれだけです。

 

なので、ときにはわずらわしいメッセージのやりとりだとか、初心者だからマルチプレイで迷惑を掛けるとか、そういうことが一切ありません

 

おまけに、フレンドにはブラックリスト機能が備えられています。正直ブラックリストを使うほど交流する点はないのですが、安心ポイントです。

というか本当にブラックリストは謎。ユーザーが多すぎるので、1度フレンドを切ってまた申請される確率は、かなり低いと予想されます。

 

私がFGOを始めた1番の理由が、この交流要素のなさでした。

交流したい人にはもの足りないほどの交流要素のなさ。

 

ちなみにイベントなどで、ユーザー全員で敵のHPを削るという要素が入るときはあります。一応書きましたが交流要素ではないですね、これ。

 

メインストーリーは好きなペースで進められる

 

今始めても問題ない理由が、これです。

メインストーリーは当然期限がありません。しかも第1部、1.5部ともに時間回復のAPがずっと1/2という措置となりました。

 

このAPというのは、ストーリーを進めるときに消費するポイントです。

APには時間回復、黄金の果実などのアイテムで回復、レベルが上がる回復と、回復手段が3つあります。

ゲームを始めるとわかるのですが、最初は特にざくざくとレベルが上がり、どんどんAPが貯まります。

 

APは時間回復maxになるだけではなく、maxを超えてどんどん累積していくので、AP1/2となるとあっという間に3章分くらいクリアできてしまいます。

最初の方は必要なAPも少ないのが嬉しいところ。

 

ただしメインストーリーが自由に進められる一方で、FGOでは期間限定イベントも開催されます。

そちらは特異点Fをクリアすればできるものから、第1部クリアが条件のものとさまざまです。

 

期間限定イベントについては参加できない可能性もあるので、覚えておいてください。

 

FGOの課金要素について

 

避けては通れないFGOの課金要素について、魅力を語る前にお知らせしておきます。重要なポイントですよ。

 

FGOには課金要素があります

中にはものすごい額のお金を掛けているユーザーもいます。

 

☆5サーヴァントと呼ばれる、1番レアなサーヴァントの確率が現在1.0%と公表されています。次の☆4サーヴァントでも3.0%

よく聞く石(聖晶石)を使うガチャは、サーヴァントの他に概念礼装というカードも出るので、全体から☆5、☆4サーヴァントを引く確率がこれです。

 

低すぎます。さらにお目当ての☆5サーヴァントを引く確率となると、目も当てられません。

 

特定のサーヴァントが当たりやすくなるピックアップ召喚というのも、時々開催されます。

しかしこのピックアップ召喚もあくまで確率が少し上がるだけ。ガチャにいわゆる天井はありません

※天井……ある一定数ガチャを回すと必ず当たりが出るシステム。

 

期間限定の☆5サーヴァントもいます。もちろんまたいつかはピックアップがあるのですが、いつなのかはわからないため、そのサーヴァント欲しさに回し続ける人もいます。

個人的にはソシャゲには天井を設けるべきだとは思いますが、今後どうなるでしょうか。

 

ただしFGOは課金しなくてもクリアできる

 

課金要素があると書いたので、これも書いておきますね。

課金しなくても大丈夫です。クリアには問題ありません。

 

FGO低レアの☆1~☆3サーヴァントも役に立つ性能となっています。☆1~☆3がいないと、あらゆる意味でクリアできません。

 

フレンドポイントを貯めて回す無料のフレポガチャでも、☆1~☆3サーヴァントは出てきます。

加えて章クリアごとに☆3の配布サーヴァントがもらえるシステムなので、かつかつにはなりません。

 

イベントを走れるようになると、イベントでもサーヴァントがもらえることがあります。もらえるサーヴァントは☆4。

イベント配布サーヴァントは通常の☆4より良性能に設定されているので、十分な戦力になってくれます。

 

ストーリーをクリアしていくと、章の節ごとに聖晶石をもらうことができます。twitterのキャンペーンなどで石10個配布ということも頻繁にあり、緊急メンテナンス時など、いわゆる詫び石が配布されることもあります。

このような石を使って、無課金のままガチャを回すことも可能です。

 

「絶対にこの☆5サーヴァントが欲しい!」とならなければ、戦力的な意味でも☆5サーヴァントはまあ揃います。

ただしこれが「絶対にこの☆5サーヴァントが欲しい!」となってしまうと、危険です。運良く来てくれれば良いのですが。

 

というのも、FGOの良さはシナリオ(ストーリー)にあります。

ストーリーの中でサーヴァントがどんどん良く思えてきてしまうのです。そしてタイミング良く開始されるピックアップ。

 

自制できないかもしれない、と思う方にはおすすめしません

この後の魅力についての項は見ずに、ブラウザバックしてください。今なら引き返せるぞ。

 

FGOはシナリオゲー、ストーリーが売り

 

私がFGOを始めたきっかけは、第1部の終局特異点が配信され、その良さがtwitterでどんどん流れてきたことでした。

 

課金要素もあるし、というか自分が課金しそうだなと思っていたので手を伸ばしていなかったのですが、これはおもしろそうだなと興味津々に。

1ヶ月悩み、結局始めてしまいました。

 

自分がプレイしてみて思うのが、やはりストーリーがおもしろいこと。

まさかスマホのゲームで泣くことになるとは思いませんでした。偏見かな……?

 

泣くまでいくかどうかは、ネタバレの有無や個人の感受性などで一概にはいえませんが、大きな感動はあります。

 

「6章(第六特異点)まで進めて!」

という言い回しがあります。私も始めたときに先輩マスター(FGOユーザー)に言われました。

もちろんそれまでの特異点もおもしろいしこの言い回しはどうかと思うこともあるのですが、やっぱり第六特異点からのおもしろさは段違いです。

 

Fateシリーズは奈須きのこさんが中心となり、シナリオを書いています。

いろいろシリーズも増えてきたので、奈須きのこさん原作のものではない作品もあるのですけれど。

 

FGO特異点Fを奈須きのこさんが書き、その後1~5章は他のライターさんがメインです。

そして満を持して第六特異点、第七特異点、終局特異点は、メインの奈須きのこさんが手掛けています。

 

第六特異点ではマシュの英霊が判明しますし、最後の戦いは本当に見事です。その前のネタバレも。あと戦闘がいきなりキツくなる章でもあります。

 

第七特異点は打って変わってゲームらしくお使いをして回り、転げ落ちるように最悪の展開へと移ります。あの方の登場シーン、反則ですよね。

 

終局特異点……もう何も言うまい……つらい……。

 

第六特異点、第七特異点はアニメ化も決まりました!

アニメの予習がてらプレイしてみるのも楽しいでしょう。

 

私は2月1日に始め、4月下旬に第1部をクリアしました。約3ヶ月でクリアですね。早い人は無課金でも1ヶ月くらいでクリアするそう

ストーリーはどうか飛ばさずにお読みください。そこがこのゲームの売りだー!

 

1ヶ月クリアの例です。ただしこれは課金あり。というか梶浦さん……!!

 

 

FGOはいいぞ

 

FGOはいつでも始められます。

ただし課金にだけはご注意ください。無理のない課金を。天井できないかな。

 

ここまで読んでみて、ちょっとでも気になる方は軽い気持ちで始めてみてください。

合わなかったらアンインストールすれば良いのです。

 

他のFateは知らなくても大丈夫です。ただのめり込んでくると、他のFateシリーズが気になりだします。

 

 

うっかりゲームを始めてしまった初心者さんに向けて、「FGO初心者さんへ送るゲームの進め方」を貼っておきます。

では、錆でした。